身体が資本

筋トレ中毒&金融取引大好きな大学生"しほん"のブログです。

日本の教育は、実は世界の教育法の中のほんの一部だって知ってましたか?

 

世界には色々な教育法がありまっせ。

 

今日大学の友だちで、

2歳からアメリカ、小2からオランダ、小5から日本(京都)、高1からシンガポール、大学生から日本(東京)と、いろいろな国で暮らしてきた女の子と話してきました。

 

彼女自身が教育学部、ということもありますが、凄く盛り上がったのが日本人の教育って全然スタンダードじゃないんだ、って話題でした。

 

例えば、彼女が受けてきたのは「イエナプラン教育」です。

イエナプラン教育 - Wikipedia

 

イエナプラン教育とは、端的に言えば

宿題なし、チャイムなし、時間割なし、入学試験なし

という究極に自由な空間が与えられる教育です。

 

学年に関係なく、色々な人種、年齢の子どもたちが、色々なバックグラウンドや好きなものの中で、グループを作って共同生活を学んでいきます。

 

もちろん、最初は子どもたちは遊び始めます。

しかし、1年、3年、5年、と長く時間が経っていくと、徐々にその中で本当にやりたい事や興味をもつことに、時間関係なく没頭して行くそうです。

 

しかも、「イエナプラン教育の中でも色々な流派があったり、それ以外の色々な教育を実践する多様な学校がオランダ中にあり、どこに入学するのも基本的には自由なのです。

 

いや〜、話を聞いているだけで、凄く良い教育のイメージが湧きますね。

 

他にも「オルタナティブ教育」だとか「フレネ自由教育」というキーワードで検索すると色々と出てくるので調べてみてくださいね。

 

一方ですよ笑。

 

日本の教育、今一度客観的に見つめてみれば、

全国一律の教育方針担任制をとっており、テスト出席率によって成績がつく。

という教育方法になっています。また、内容としても英語・国語・数学・理科・社会など、決まった教科書に則った教育方針ですよね。

 

書いているだけでしんどい…。

こんなにガッチガチに勉強した結果はどうでしょうか??

 

 

日本の大学は、東大、京大の2校。ここで注目したいのはヨーロッパの小さな国、面積は九州ほどの大きさで、人口は1,700万人弱のオランダの大学が、100校中7校ランキングしていること。そして、このオランダの大学の学費は、EU加盟国の学生は年間約€2000(23万くらい)、それ以外の学生は2016年の現時点で年間€10500(約120万)ほど。通常オランダの大学は3年間なので、学費を抑えて、より質の高い教育を受けられるのです。このような理由から世界中の学生が集まるオランダの大学TOP7校をご紹介します。

世界大学ランキングTOP100に7校ランキング!オランダの大学に注目

 

そしてそして、オランダの子どもたちがどう感じているのか、といえば、こちらのレポートでわかるように子供の幸福度が世界1位なのだそうです。

 

別に、大学ランキングが全てだとか思っては居ませんけれど、

少なくとも自分が本当にやりたい事を見つける練習をしてきたオランダと、教師や親に言われるまま労働者的に勉強してきた日本人と、圧倒的な差がついちゃってますね〜。

 

僕も少なくとも、東京の難関といわれる大学にめっちゃくちゃ無理して入学しました。

それって自分のこともにさせたいかな、というと、あんまりそう思えません。

 

もう一度日本の教育については考え直さないとな、と思いますね。